前橋発〜健康予防のおすすめ

群馬県前橋市の前橋温熱整体 足エステタイムです。
【ほのぼのシルバーサービス さくら】の訪問リハビリマッサージのご案内をしております。
 前橋市、伊勢崎市、高崎市、みどり市、桐生市、太田市、安中市、富岡市、渋川市、群馬県下、
埼玉県本庄市、児玉町、神川町、
栃木県足利市、宇都宮市等で活動しております。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
胃ろうをどう考えるか
 この頃、「胃ろう」について

話題になっているのに気づきました。

先日亡くなった義理の父が4年ほど脳梗塞の後遺症を患い

口から食べられなくなり

おなかに開けた穴から管をつなぎ

人工的に栄養や水分を流し込む方法、

「胃ろう」というものをしていました。


長く寝たきりになるとは思わず

緊急で入院中回復の見込みに望みをかけ

お医者様からの説明のまま

胃ろうの手術をして見守ってきたのでした。

残念ながら結果的には意思疎通も不自由のまま

四年間、寝たきりになりました。

入院中の状態は本人も辛いだろうと思いましたが

満80歳を過ぎ

孫の成人式をを待っていたかのように

帰って来ていた孫にも見守られ

今年お正月が明けて、亡くなりました。



いま、胃ろうについて見直しがされて

患者本人の意思や苦痛のなどから

疑問の声が出ています。

私個人の気持ちとしては

このような形で父を見送れたのは良かったと思っています。



胃ろうをしなかったら しないで、

してあげた方かよかったのでは・・・と悔いも残ったかもしれません。



人口栄養補給には他に、

鼻から通した管で胃に栄養を送る方法や点滴もあるわけですが

鼻から管を使うよりも苦痛が少なく

点滴に比べて腸を活動させて免疫能力の維持につながるという利点があるそうです。



でも最近は回復が見込めない高齢者にも用いられるので

父の場合のように意識もなくなってしまい

衰弱した高齢者が延命されるケースが目立ち始めているのです。


これを中止すると罪に問われないか・・・と心配する関係者の声もあります。


これを踏まえて

日本老年医学会からはあらたな指針が出されました。

関係者が十分話し合った結果なら

胃ろうをつけうのを控えたり中止したりできるとし

「適切な意思決定過程を経れば

法的にも責任は問われない」との考えを示しました。




ご本人、ご家族が望まれる医療方針を持って

治療や介護がされると良いと思いますね。


どちらが良いかは一概には言えない難しい問題です。







  • 1日15分で健康・医療情報がよくわかる!番組「きょうの健康」今回は病気などで 飲み込む力が弱いなど、口から食べ物を食べることが難しい場合、おなかの外側から胃 に達する孔を開け、そこに管を通して胃に直接栄養を送る胃ろうという方法をとることが ...

    www.nhk.or.jp/kenko/kenkotoday/archives/2011/02/0214.html - キャッシュ


    ●日野原重明の100歳からの人生   胃瘻

    http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=36609

  • category: 介護について
    RSS表示パーツ
    Selected Entry
    Mobile
    qrcode
    店舗紹介
    Search this site